Windows10 1709用リモートサーバー管理ツール(RSAT)で『DNS』が消えている場合のリカバリ方法

色々検索して頑張って、最後にDLLの登録に失敗した方へ…。 64bit版での手順となります。 32bit版の場合は、コピー元のディレクトリ名(頭のamd64をx86に読み替え)と4~7のファイル名が違う(64を32に読み替え)だけで、あとは同じです。 8番以降の作業は管理者権限のコマンドプロンプトで行って下さい。
  1. KB 2693643 をアンインストールし、再起動する
  2. 適当な作業用ディレクトリを作成し、次のURLからRSATをダウンロードする https://www.microsoft.com/ja-JP/download/details.aspx?id=45520
  3. 次のURLを参考に、installx64.batunattend_x64.xmlを作成し、作業用ディレクトリに置く https://support.microsoft.com/ja-jp/help/4055558/rsat-missing-dns-server-tool-in-windows-10
  4. installx64.bat の最後のrmdirな行を削除またはコメントアウトする
  5. installx64.bat を実行
  6. dnsmgr.dlldns.lnk を、
    .\ex\ex\amd64_microsoft-windows-dns-server-snapin_31bf3856ad364e35_10.0.16299.2_none_946c2f555824ecef
    から取り出す
  7. dnsmgmt.mscdnsmgr.dll.mui
    .\ex\ex\amd64_microsoft-windows-d..er-snapin.resources_31bf3856ad364e35_10.0.16299.2_ja-jp_4a92b34b2bab1df4
    から取り出す
  8. dnsmgmt.mscdnsmgr.dllC:\Windows\System32 にコピーする
  9. dnsmgmt.mscdnsmgr.dll.muiC:\Windows\System32\ja-jp にコピーする
  10. dns.lnk
    C:\ProgramData\Microsoft\Windows\Start Menu\Programs\Administrative Tools
    にコピーする
  11. regsvr32 c:\windows\system32\dnsmgr.dll にてDLLを登録する
以上