久し振りにJavaのアップデートで失敗(ATOK環境の場合)

Windows10 1809 で、Javaのアップデート通知が来ていたのでアップデートを実行…するも、インストーラがインストール途中で消えてしまいます。
JRE Version8 Update 192と201(x86とx64それぞれ)で現象を確認。
PCは2台で試してみたので、俺環…な可能性はちょっぴり少ない、かな?
イベントビューアで見ると、Atok31tip.dllで落ちてしまっています。
…そう言えば、昔もこんなこと、あったなぁ。。。

インストーラ実行前に、Ctrl+ShiftでIMEをMS純正に一時的に切り替えて、回避しました。

先走って Windows 10 October 2018 Update になった方に(期間限定)

先走って Windows 10 October 2018 Update になった方へ(リベンジ公開された時点で、このポストは多分要らなくなるとは思うのですが)

手元にインストール時期の違う 1809 なPCが数台あるのですが、
適用されているKBを見比べていたところ、微妙な違いに気付きました。

と思ったら、ビルド番号が 17763.55 のものと、17763.107 の物が存在します。

1809適用直後が 17763.55、
KB4464455(10/17公開オリジナル)が適用された物が、17763.104、
KB4464455(10/30公開のVer.2)を適用すると、17763.107 になるようです。

.104が、セキュリティアップデート
.107が、zipのバグ対策らしいです。

取り敢えず.107に揃えようと思ったら、KB4464455が公式から入手出来ない模様。

なので、以下、適用方法となります。

  1. どこかからパッチを探して来て、デスクトップに置く
    私はMegaから入手できました
    # 拾った物は念の為 virustotal に掛けることをお勧めします
    # x86やarm64の場合は、x64の部分を読み替えてください
    ファイル名:Windows10.0-KB4464455-x64.cab
    sha256:818bb72eb1ee9b9b33333b48b795cd7c3ffa57421621322253c74ca71c96501a
  2. パッチを適用する
    管理者モードでコマンドプロンプトを開いて
  3. 無事完了したらOS再起動