ONTAP 9.* での dump to null について

ONTAP 9.* での dump to null の手順について記します。 コピー先のボリュームは予め作っておいて下さい(コピー元の容量以上だと安心/シンプロでok)。 ノードスコープモード off
::> set -priv diag ::*> vserver services ndmp node-scope-mode off
操作用アカウント作成
::*> security login create -user-or-group-name <username> -application ssh -authentication-method password -role backup
NDMP用パスワード生成(ここで表示されたパスワードを控えておくこと)
::*> vserver services ndmp generate-password -vserver <cluster_svm_name> -user <username>
::> exit
ノードシェルに入ります
::> node run -node <cluster_node1> > priv set diag
dump to null 開始
*> ndmpcopy -sa <username> -da <username> -p -e “DUMP_TO_NULL=y” <source_vol_node_ip>:/<source SVM_name>/<source_vol_name> <dest_vol_node_ip>:/<dest_SVM_name>/<dest_vol_name>
パスワードを聞かれますので、先程教えてもらったパスワードを入れて下さい。 問題無ければ dump が始まります。 始まって暫くして表示される
Ndmpcopy: <node_IP>: Log: DUMP: estimated ***** KB.
が処理される量となります。 ACLのコピー(フェーズⅣ)のあとに
Ndmpcopy: <node_IP>: Log: DUMP: ***** KB Ndmpcopy: <node_IP>: Log: DUMP: DUMP IS DONE Ndmpcopy: <node_IP>: Log: DUMP_DATE is ‘**********’ Ndmpcopy: <node_IP>: Notify: dump successful Ndmpcopy: Done
が表示されれば完遂です(このブロックでいくつか failed / error が表示されますが、無視して良いようです)。