EdgeでIE-onlyなサイトにアクセスする

 

IEのみ利用可なサイトのためにIEをわざわざ起動するのは面倒臭い避けたいという場合にどうぞ。

Windows10 2004 と Edge 83.0.478.64 にて動作確認を行っています。

次の3つのケースを想定します。

  1. EdgeのIE互換モードで動くサイト
    ActiveX等が動けば良い場合

  2. EdgeのIE互換モードで動くサイト(リダイレクトあり)
    途中で認証等のために他のサイトに飛ばされる場合
    サイト全体ではなく、一部分だけに適用したい場合

  3. EdgeのIE互換モードでは対応不可なサイト
    IEにインストールされたアドオン等が要求される場合
    EdgeからIEを起動します

 

作業手順

  1. レジストリ設定
    管理者権限のコマンドプロンプトまたはPowerShellにて以下2行を実行
    reg add "HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Policies\Microsoft\Edge" /v "InternetExplorerIntegrationLevel" /t REG_DWORD /d "1" /f
    reg add "HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Policies\Microsoft\Edge" /v "InternetExplorerIntegrationSiteList" /t REG_SZ /d "file:///c:/IE_MODE/sites.xml" /f

    レジストリではなく、グループポリシーから設定したい場合、以下のⅰとⅱの作業を行います
    ポリシー設定内容が次のOS起動時に上記レジストリキーに上書きされます

    1. Chromium版Edgeの管理テンプレートをポリシーエディタのフォルダに配置
      • 次のURLに移動
        https://www.microsoft.com/en-us/edge/business/download
      • CHANNEL欄からEdgeのバージョンを選択(2020/07/14現在 Stable83)
      • BUILD欄からEdigeのビルド番号を選択(2020/07/14現在 83.0.478.64)
      • PLATFORMでOSのバージョンを選択(Windows 64-bit)
      • GET POLICY FILES をクリックして、テンプレートファイル(MicrosoftEdgePolicyTemplates.cab)をダウンロード
      • CABファイルを適当な場所に展開
      • 必要なファイルをコピー
        展開したアーカイブ内の
        \windows\admx\msedge.admx
        \windows\admx\msedgeupdate.admx
        を、C:\Windows\PolicyDefinitions にコピー
        \windows\admx\ja-JP\msedge.adml
        \windows\admx\ja-JP\msedgeupdate.adml
        を、C:\Windows\PolicyDefinitions\ja-JP にコピー
    2. ポリシー設定
      ポリシーエディタ(gpedit.msc を実行、等)を開いて、
      の2項目を、のように設定
  2. サイトリスト配置
    フォルダ C:\IE_MODE を作成し、次のファイルを文字コードUTF-8で sites.emie2 として保存
    <site-list version="1">
      <created-by>
        <tool>EMIESiteListManager</tool>
        <version>12.0.0.0</version>
        <date-created>07/01/2020 00:00:00</date-created>
      </created-by>
      <site url="case1.example.com" comment="普通にIEモードで">
        <compat-mode>IE11</compat-mode>
        <open-in>IE11</open-in>
      </site>
      <site url="case2.example.com/subfolder/" comment="サイト内の一部分に適用/リダイレクトあり" flagged="false">
        <compat-mode>IE11</compat-mode>
        <open-in allow-redirect="true">IE11</open-in>
      </site>
      <site url="case3.example.com" comment="別窓のIEで開く場合">
        <compat-mode>IE11</compat-mode>
        <open-in app="true" allow-redirect="true">IE11</open-in>
      </site>
    </site-list>
  3. サイトリストの適用
    1. Microsoftのサイトから“Enterprise Mode Site List Manager (schema v.2)”をダウンロードし、インストール
    2. Enterprise Mode Site List Manager を実行
    3. File→Import にて C:\IE_MODE\sites.emie2 をインポート
    4. File→Save to XML で C:\IE_MODE\sites.xml として保存
    5. Edgeを開き、edge://compat/enterprise に移動→『強制的に更新』をクリック
  4. サイトリストの更新を行う場合
    1. Enterprise Mode Site List Manager を実行
    2. サイト追加
      Add ボタンを押してデータ投入後、Save をクリック
    3. サイト編集
      対象行をクリックしてから Edit ボタンをクリック、編集完了後に Save をクリック
    4. サイト削除
      対象行をクリックしてから Delete ボタンを押下
    5. 最後に File→Save to XML で C:\IE_MODE\sites.xml として保存
    6. edge://compat/enterprise に移動→『強制的に更新』をクリック
      エンタープライズモードリストはIE11の場合65秒毎に更新されるようですが、Edgeはキャッシュの内容を使い続けるため、強制更新が必要となったようです

※sites.xmlを直接編集した場合
 edge://compat/enterprise に移動→『強制的に更新』をクリック
 但し Enterprise Mode Site List Manager の内容と合わなくなります