Conexant ISST Audio が入っていてWindows10を2004(20H1)に上げられない場合

 

Conexantのサウンドドライバが邪魔をしてアップデート出来ない場合、ドライバを消して綺麗にします(方法については、何パターンか、このあとに記します)。

再起動後、サウンドドライバが“Intel High Definition Audio”で安定した場合、そのままアップデート出来ると思います。

再起動後、Conexantのドライバが復活してしまった場合でも、アップデートを試行すると完走出来る場合があります(途中でスタックしてしまった場合、違う手順で消して再度試してみて下さい)。

ここでの『スタック』とは、ダウンロードが100%になり、アップデートプロセスが開始するも、そこで進まなくなる事を指します。アップデータによりOSの再起動が走ったあとは、強制シャットダウン・再起動は避けて下さい。

いくつかの手法

  1. コントロールパネルのプログラムの『アンインストールまたは変更』リストに“Conexant ISST Audio”が存在する場合、そこから削除し、再起動

  2. デバイスマネージャーの『サウンド、ビデオ、およびゲーム コントローラー』から“Conexant ISST Audio”を『ドライバごと』削除し、再起動

  3. 上記2手順で駄目な場合は、こちらを参考にConexantのドライバのインストールを抑止設定して再度試行
    https://www.driversupport.com/knowledge-article/fix-conexant-hd-audio-drivers-issues-in-windows-10/

  4. これでも駄目な場合は、こちらの手順6を参考に手動でドライバを削除
    http://www.uninstallhelps.com/how-to-uninstall-conexant-hd-audio.html#:~:text=When%20the%20file%20required%20to,to%20reinstall%20the%20program%20again.
    私の場合は次のようになりました
    C:\Program Files\CONEXANT\CNXT_AUDIO_HDA\UIU64a.exe -U -G -Icisstrt.inf
    C:\Program Files\Conexant\DTSConfig\SETUP64.EXE -U -IDTSConfig
    C:\Program Files\Conexant\SA3\HP-NB-AIO\SETUP64.EXE -U -ISA3 -SWTM="HDAudioAPI-D9A3021B-9BCE-458C-B667-9029C4EF4050,1801"
    C:\Program Files\Conexant\MicTray\SETUP64.EXE -U -IMicTray
    C:\Program Files\Conexant\SSPConfig\SETUP64.EXE -U -ISSPConfig

Windows10 20H1(2004)のアップデートがうまく行かない場合に試してみたいこと


WindowsUpdateから作業を行い、進捗度が全然進まずうまく行かない場合に、試してみて下さい。

  1. 管理者権限のPowerShellから次を実行
    DISM.exe /Online /Cleanup-image /Restorehealth
  2. OS再起動
  3. 管理者権限のPowerShellから次を実行
    sfc /scannow
  4. OS再起動
  5. 不要な常駐アプリを停める
  6. (開いている場合)タスクマネージャーやリソースモニター、ProcessExplorer等のタスク・ファイルの管理・監視ソフトは閉じる
    アップデータが触っているファイルハンドルのポイント先がアップデート作業中に C:\Windows\… から C:\$WINDOWS.~BT\… に切り替わるような動作をするため、これらのアプリはクラッシュしてしまうようです。
  7. Windows 10 更新アシスタントを次のURLからダウンロードして実行
    https://www.microsoft.com/ja-jp/software-download/windows10
    環境により、10分程度~数時間、かかります。
    BSODにならないようであれば、気長に待ってみて下さい。

Folding@Homeクライアントのアップデートとプロジェクトの選び方

 

COVID-19が選べるようになりました

7.6.9が出たようです。

宿題として、COVID-19を選べるようになりました。

Windows版の場合、

Webクライアントでの設定

または

FAHControlからの設定

となります。

それ以外のクライアントは、config.xmlに

<!-- Folding Slot Configuration -->
<cause v='COVID_19'/>

を追加して下さい。


新規インストール

新規インストールは公式ページを参照
https://foldingathome.org/support/faq/installation-guides/linux/manual-installation-advanced/
ダウンロードリンクのみ、次のページのそれぞれと読み替えて下さい
https://foldingathome.org/alternative-downloads/


7.5.1からのアップデート(Windows版)

公式のダウンロードリンクから、クライアントをダウンロードして下さい。

普通に上書きインストール可です。


7.5.1からのアップデート(Ubuntu版)

cd ~
systemctl stop FAHClient
# 数秒待つ
# FAHClient停止確認
ps ax
# 停まっていなかったらkill
wget https://download.foldingathome.org/releases/public/release/fahclient/debian-stable-64bit/v7.6/fahclient_7.6.9_amd64.deb
dpkg -i fahclient_7.6.9_amd64.deb
systemctl status FAHClient
systemctl stop FAHClient
# 数秒待つ
# FAHClient停止確認
ps ax
# 停まっていなかったらkill
# config.xmlに宿題の種類を設定
vi /etc/fahclient/config.xml
# config.xmlに以下を追加
<!-- Folding Slot Configuration -->
<cause v='COVID_19'/>
# 保存終了
# クライアント実行/状態確認
systemctl start FAHClient
systemctl status FAHClient
# プロセスが走っているのを確認
ps ax
# 進捗状況を確認(適当なところで^C)
tail -f /var/lib/fahclient/log.txt

7.5.1からのアップデート(CentOS 7版)

cd ~
/etc/rc.d/init.d/FAHClient stop
# 数秒待つ
# FAHClient停止確認
ps ax
# 停まっていなかったらkill
rpm -e fahclient-7.5.1-1.x86_64
wget https://download.foldingathome.org/releases/public/release/fahclient/centos-6.7-64bit/v7.6/fahclient-7.6.9-1.x86_64.rpm
rpm -i fahclient-7.6.9-1.x86_64.rpm
/etc/rc.d/init.d/FAHClient stop
# 数秒待つ
# FAHClient停止確認
ps ax
# 停まっていなかったらkill
# config.xmlに宿題の種類を設定
vi /etc/fahclient/config.xml
# config.xmlに以下を追加
<!-- Folding Slot Configuration -->
<cause v='COVID_19'/>
# 保存終了
# クライアント実行/状態確認
systemctl enable FAHClient
/etc/rc.d/init.d/FAHClient start
/etc/rc.d/init.d/FAHClient status
# プロセスが走っているのを確認
ps ax
# 進捗状況を確認(適当なところで^C)
tail -f /var/lib/fahclient/log.txt

久し振りにJavaのアップデートで失敗(ATOK環境の場合)

Windows10 1809 で、Javaのアップデート通知が来ていたのでアップデートを実行…するも、インストーラがインストール途中で消えてしまいます。
JRE Version8 Update 192と201(x86とx64それぞれ)で現象を確認。
PCは2台で試してみたので、俺環…な可能性はちょっぴり少ない、かな?
イベントビューアで見ると、Atok31tip.dllで落ちてしまっています。
…そう言えば、昔もこんなこと、あったなぁ。。。

インストーラ実行前に、Ctrl+ShiftでIMEをMS純正に一時的に切り替えて、回避しました。


2020.01.15追記

まだ駄目ぽいですね…(1909と8u241)。

【スクリプトエラー】
このページのスクリプトでエラーが発生しました。

ライン: 1
文字: 1
エラー: ‘)’がありません。
コード: 0
URL:  

このページのスクリプトを実行し続けますか?

イベントビューアー的には次のようになります。

本手順(Ctrl+Shiftで一時的にAtokを無効化)はまだ有効なようなので、更新しておきます。

※通知からのインストールで失敗する時は、インストーラをOracleからダウンロードして実行ください

先走って Windows 10 October 2018 Update になった方に(期間限定)

先走って Windows 10 October 2018 Update になった方へ(リベンジ公開された時点で、このポストは多分要らなくなるとは思うのですが)

手元にインストール時期の違う 1809 なPCが数台あるのですが、
適用されているKBを見比べていたところ、微妙な違いに気付きました。

と思ったら、ビルド番号が 17763.55 のものと、17763.107 の物が存在します。

1809適用直後が 17763.55、
KB4464455(10/17公開オリジナル)が適用された物が、17763.104、
KB4464455(10/30公開のVer.2)を適用すると、17763.107 になるようです。

.104が、セキュリティアップデート
.107が、zipのバグ対策らしいです。

取り敢えず.107に揃えようと思ったら、KB4464455が公式から入手出来ない模様。

なので、以下、適用方法となります。

  1. どこかからパッチを探して来て、デスクトップに置く
    私はMegaから入手できました
    # 拾った物は念の為 virustotal に掛けることをお勧めします
    # x86やarm64の場合は、x64の部分を読み替えてください
    ファイル名:Windows10.0-KB4464455-x64.cab
    sha256:818bb72eb1ee9b9b33333b48b795cd7c3ffa57421621322253c74ca71c96501a

    C:\Users\hoge\Desktop&gt;certutil -hashfile Windows10.0-KB4464455-x64.cab sha256
    SHA256 ハッシュ (対象 Windows10.0-KB4464455-x64.cab):
    818bb72eb1ee9b9b33333b48b795cd7c3ffa57421621322253c74ca71c96501a
    CertUtil: -hashfile コマンドは正常に完了しました。
  2. パッチを適用する
    管理者モードでコマンドプロンプトを開いて

    DISM.exe /Online /Add-Package /PackagePath:C:\Users\hoge\Desktop\Windows10.0-KB4464455-x64.cab
  3. 無事完了したらOS再起動