Office365サービスのIPアドレス確認(変更監視)について

はじめに

セキュリティ機器等にO365サービスのIPアドレスを登録する時の確認方法が Microsoft公式ページ にて公開されています。
今回、Win10なPCとIFTTTとWebhookとGmailを使い、当該IPアドレスの変更を検知して通知メールを飛ばすようにしてみました。
※IFTTTとWebhookとGmailの登録及び連携は済んでいるものとします
※以下、常時ログインしているユーザ名を『foo』とします

IFTTTの設定

  1. 公式ページ内のサンプルスクリプトを取り込み、適当に保存します。
    例:C:\Users\foo\Documents\Office365IPCheck.ps1

  2. PowerShell から上記スクリプトを実行します。

  3. 上記スクリプトの実行結果
    C:\Users\foo\AppData\Local\Temp\endpoints_clientid_latestversion.txt
    を開いて、一行目の文字列をメモっておきます。
    これが後程必要となる ClientRequestId となります。

  4. IFTTTで新規アプレットを作成します。
    this には『Webhooks』を選択
    Event Name には『トリガー名(半角ANKで)』を入力
    that には『Gmail(Send an email)』を選択
    To address には『通知先メアド』を入力
    Body には次の内容を
    What: {{EventName}}<br>
    When: {{OccurredAt}}<br>
    Old Version: {{Value1}}<br>
    New Version: {{Value2}}<br>
    <a href="https://endpoints.office.com/endpoints/Worldwide?ClientRequestId=上でメモったClientRequsestId">https://endpoints.office.com/endpoints/Worldwide?ClientRequestId=上でメモったClientRequsestId</a>
    Attachment URL には次の内容を
    https://endpoints.office.com/endpoints/Worldwide?ClientRequestId=上でメモったClientRequsestId
    記入します。
  5. アプレットを保存します。

PowerShellスクリプトの変更

  1. IFTTT 上の Webhooks のページにある『Documentation』をクリックし、『Your key is:』の値をメモします。

  2. PowerShellスクリプトの最後の方の、『# TODO』行と『}』行の間に、次の行を追加します。
    Invoke-RestMethod -Uri "https://maker.ifttt.com/trigger/上で決めたトリガー名/with/key/先程メモったキーの値" -Method Post -Body ( @{"value1"="$lastVersion";"value2"=$version.latest} | ConvertTo-Json) -ContentType 'application/json'
  3. PowerShellスクリプトを保存します。

監視タスクの追加

  1. 監視タスク実行時に窓が表示されるのを防ぐために、キック用スクリプトを次のような内容で作成します。
    例:C:\Users\foo\Documents\task-scheduler.js
    wsShell = WScript.createObject("WScript.Shell");
    retCode = wsShell.Run("\"C:\\Windows\\System32\\WindowsPowerShell\\v1.0\\powershell.exe\" -File \"" + WScript.Arguments.Item(0)+"\"",0,true);
    WScript.Quit(retCode);
  2. タスクスケジューラで監視タスクを作成します。
    • トリガータイミングは適当に(毎時とか毎日とか毎週とか)
    • 操作→プログラムの開始
    • プログラム名には、『task-scheduler.js』を入力
    • 引数には、PowerShellスクリプト名をダブルクォートで囲って設定
      例:”C:\Users\foo\Documents\Office365IPCheck.ps1″
    • 開始オプションに、PowerShellスクリプトの保管場所を指定
      例:C:\Users\foo\Documents\
  3. 監視タスクを保存します。

動作テスト

  1. PowerShellスクリプトの実行結果ファイル
    C:\Users\foo\AppData\Local\Temp\endpoints_clientid_latestversion.txt
    を削除します。
    本ファイルを削除することにより、PowerShellスクリプトの実行時に『IPアドレスが更新された』と判断されます。

  2. タスクスケジューラで設定したタイミングでメール通知が届けば成功です。

2019.03.22追記:本日、GmailとIFTTTの連携を停止する通知がGoogleから届きました。
いまのところどうしようもないみたいなので、回避策を記します。

Zapierでの実装について

  1. Zapierのアカウントを作成し、ログインを済ませておきます
  2. 次のURLに移動します
    https://zapier.com/apps/gmail/integrations/webhook
  3. “Send an email from Gmail when a webhook is received” の『Try It』をクリックします
  4. “Catch Hook”画面で『Continue』をクリックします
  5. URLが表示されるのでコピーしておき、『Ok, I did this』をクリックします
  6. ps1スクリプトを変更します
    1. Invoke-RestMethod -Uri での飛び先をIFTTTからZapierの先程コピーしたURLに変更
    2. スクリプトをキック
    3. Zapier画面で待機
      問題無ければ、数分後には5.の画面に『Continue』ボタンが現れるので、クリックします
  7. Gmail / Send Email 画面で『Continue』をクリックします
  8. Select Gmail Account画面で(連携未設定の場合は『Connect an Account』を押して連携設定後)アカウントを選択し、『Continue』をクリックします
  9. Set up Gmail Email画面で、To:やFrom:、Subject:等を設定します
  10. Bodyは次のように書きます
    Old Version:
    New Version:
    https://endpoints.office.com/endpoints/Worldwide?ClientRequestId=上でメモったClientRequsestId
  11. 『Old Version:』の右をクリックして、画面右側の『+』をクリック、『Value1』を選択します
    Old Version: の右に『Step1:値』が挿入されます
  12. 『New Version:』の右をクリックして、画面右側の『+』をクリック、『Value2』を選択します
    Old Version: の右に『Step2:値』が挿入されます
  13. Attachmentには次の値を投入します
    https://endpoints.office.com/endpoints/Worldwide?ClientRequestId=上でメモったClientRequsestId
  14. 入れ終わったら、『Continue』をクリックします
  15. テストボタンが出るので、クリックします
  16. 無事にメールが届いたら、『Finish』をクリックします

2019.04.15追記
バージョンチェックファイルが存在するのに、Test-Pathにて『存在しない』扱いになるケースがあるようです。waitを挟んでも、複数回チェックしても、駄目な時は駄目な感じ。実害は無いとは思うのですが、回避策等について現在確認中です。


2019.05.07追記
IPアドレスは基本的に月末に更新されるようです。
このときにバージョンチェックファイルendpoints_clientid_latestversion.txtの更新がうまく行かない場合は、次の図の①の部分を見直してみて下さい。
スケジュールのプロパティログインアカウントのパスワードを変更したりすると、ここの部分で引っかかったりもするようです。
テスト時の実行アカウントと、スケジュール実行アカウントの権限の差が原因の場合もあります。

ファイル所有者名の確認
dir /q バージョンチェックファイル名

ここで駄目な場合は、②の部分を触るとうまく行くようになる場合があります。
それでも駄目な場合は、スケジュール自体を作り直してみて下さい。

LINEにメッセージが届いたら指定のメアドに通知する

ご注意

  • 本TipsはAndroid専用です。
    iPhoneの場合、現物で試したわけではないのですが、Macがあれば次の方法で行けると思います。
    PushBulletのMac版が公開、iOSの通知をMacで受信可能&クリップボードも同期が可能に
  • 普通に検索で引っかかる、『メールが来たらLINEに通知』とは逆の、『LINEが来たらメールする』機能の実現です。
  • 動作タイミングは端末/LINE/IFTTTのご機嫌次第です。
    通知が数時間遅延する、或いは全く届かない場合があります。
    あくまで、『無いよりはまし』程度の扱いにてお願いします。

皆さん勤務中は私用スマホ(Android)をロッカーに入れてますよね?
そのため、家族からLINEが来ても気付きませんよね?
そうすると、怒られ心配されますよね?
と言うことで、特定の人からLINEメッセージが届いたら、指定のメールアドレスに通知してみます。


作り方

IFTTTのアカウント登録と、Gmail連携が済んでいるものとします。

this→Android Device
that→Gmail
で、次のように設定します。

App name→LINE
Filter by notification keyword→監視対象の友達名
To address→通知先メアド

以上となります。
連携サービスはslack等に差し替えても大丈夫かも知れません。


2019.03.22追記
Googleから、『IFTTTとGmail連携終了のお知らせ』が届きました。対応策確認後、本ポストを後程アップデートする予定です。

2019.03.25追記
アップデートした結果、行けそうなので、次のリンクで公開します。

2019.03.26追記
iPhone版についての記述を追加。