Proxy環境下のWSL2でdockerを入れられないとき

Windows 10 20H1 (18990) + Ubuntu 18.04.3 LTS(WSL2化済み)な環境で、リポジトリにdownload.docker.comを追加後のapt updateで、

The repository ‘https://download.docker.com/linux/ubuntu bionic Release’ does not have a Release file.

が出た場合、Proxyの設定(特にhttps用のProxy)を見直してみて下さい。

AndroidアプリでのGPS Location情報の取得がうまく行かなくなった件

IFTTTのロケーション情報を取得、指定時間後に会社エリアから抜けたらLINEで家人に通知する、を行っていたのですが、しばらく前から調子が悪く(旨く動かなく)なってしまいました。

という事で、移行先の検討を含め、いくつかのアプリでデータの取得タイミングやら、バッテリー設定やら、Doseやら行ってみたのですが…

IFTTT
IFTTTロゴ

Automate
Automate

Integromat
Integromat

どれもうまく行かず、結局Taskerで会社WiFiエリアの判定をする、でお茶を濁すことになりました…。

Tasker
Tasker

Chromeリモートデスクトップ先でChromeを開くと真っ白になってしまうとき

Chrome Remote Desktop先でChromeを開くと真っ白になってしまう現象が起きたので、その対処法を書いておきます。

原因:ハードウェアアクセラレーションがONに

手順

  1. リモート先の環境でGoogle Chromeを起動
    リモートだと操作出来なくなるので、実機のコンソール上で開いて下さい。
  2. 画面の右上の『︙』をクリック
  3. 開いたメニューの『設定』をクリック
  4. 画面を下にスクロールして、『詳細設定』をクリック
  5. スライドボタン『ハードウェアアクセラレーションが使用可能な場合は使用する』がON()のときはクリックしてOFF()に変更し、現れた『再起動』ボタンをクリックしてChromeを再起動

以上です。

ヘッドライトのくすみ取り

ヘッドライトの黄ばみ、くすみ取りについてです。

個人的にはかなりコスパの良い満足な結果に終わりましたが、作業はご自分の判断で行って下さい。

用意する物

  • おふろのルックみがき洗い

    専用のケミカル用品でも良いのですが、仕上がりはあまり変わらないような

  • すすぎに使います
    バケツやペットボトルで数リットル用意下さい
  • ペーパータオル
    磨き工程で使います
    ティッシュペーパーでも可

作業工程

  1. ボンネットを開けます
    ※猫が寝ていたりするので、よく確認して下さい
  2. ペーパータオルにおふろのルックみがき洗いを少し取り、ヘッドライトを一方向に優しく/軽く擦ります(やり過ぎ注意)
  3. ライトを水ですすいで結果を確認し、足りなければ2に
    ※電装系に水をかけないこと
  4. 研磨剤や洗剤が残らないように入念にすすぎます
  5. ボンネットを閉じて終了
    ※閉じるときに怪我をしないこと

余ったおふろのルックみがき洗いは、浴槽や鏡やお風呂グッズに使って下さい。

StoreEasyで作成したボリュームに書き込めない

HPE StoreEasy management console v1.2.1.49 で作成したボリュームが何故か read only でマウントされており、書き込みが出来ない状態にありました。

2台作って2台とも同じ状態になってしまったのですが、サポートに問い合わせるのも面倒だったので。

手順

  1. 管理者権限でコマンドプロンプトを開く
  2. diskpart
  3. list volume で書き込めないドライブのボリューム番号を調べる
  4. select volume ボリューム番号 で対象ボリュームを選択
  5. attributes disk clear readonly
  6. exit

以上です。