dyson V10 のトリガー折れ修理の件

V10が動かなくなりました

ウチのダイソンが、一旦起動するとボタンを戻しても軽く叩くまで停止しない状態がしばらく続いたと思ったら、やがて全く動かなくなってしまいました。

俗に言う『トリガー折れ』のようです。

自己責任とはなりますが、動画を見て自分で直してみようと思う方に、以下贈ります。

修理に必要な物のリスト

  • YouTube上の修理解説動画
  • 交換用トリガー
    色々あるようですが、私はこれを買いました。
  • T8ドライバー
    私はこれを買いました

    柄が細くてそこそこ長さがある物でないと、ハンドルにつっかえてトリガーユニットを固定しているネジが回せません。
  • ラジオペンチ
    100均の物で可。
  • プライヤー
    100均の物で可。
    無くても大丈夫ですが、圧着端子の整形をするのに便利です。
  • ビニタイ
    100均で1ロール買って来て下さい。

    トリガーユニットの電源ケーブルと信号ケーブルを引き回すのに使います。
    20~30cmの長さに切って二つ折りにして圧着端子の穴に通して引っ張り回すようにすると、通線作業が楽になります。
    ピンセットやら細いラジオペンチやら針金やタコ糸などで苦労するよりも、俄然楽です。
    尚、信号ケーブル端のコネクタは、次項のテープで防護すると良いと思います。
  • テープ
    私はこれを使っています。

    そこそこ粘着力があり、剥がし易く、糊が残らないテープなら何でも良いです。
    このテープは、普段はシャンプーや液体洗剤類の詰め替え用パッケージを捨てるときに小さく丸めて留めるのに使っています。
    今回は、トリガーユニットの信号コネクタをビニタイに絡めて使う時に、コネクタ部を防護(汚れたり、ケーブルを引っ掛けたり引っ張りすぎて脱落したりを防止)するために使います。

さて修理をば

YouTube動画を検索して、その通りに作業してください。

尚、組み立て時には、トリガーユニットをハンドルの奥までしっかりと押し込んで下さい。

押し込みが足りないと、トリガーがハンドルに引っ掛かり、吸い込みを停められなくなります。

以上です。