Windows10とWSLでのDockerの相性について

Windows10(1803)+WSL(18.04LTS)+Docker Desktop(2.0.0.3)ではそこそこご機嫌に動いているのですが、一部Volumesの動きが怪しい部分があったりするため、Desktop無しでWSLのみでうまく動かないかと調べてみました。

結果、私が試してみた範囲では、1803/1903とdocker-ce(18.03.*または2019/05末現在のベータバージョン)とWSL(18.04LTS)の組み合わせでは(PCを再起動しても、Ubuntuを管理者権限で起動しても)駄目でした。
ネット上では、この組み合わせでも出来るという方と出来ないという方が混在してるのですよね…。

Ubuntuを16.04にするか、docker-ceのバージョンを落とせば動くらしいのですが、もうすぐシステムコール100%互換を達成したWSL2が出るらしいので、それまで待とうと思います…。

ダニ防止のお話

ここしばらく、乾燥してはいますが、気温は高いですよね。

これで湿度が上がって来たら、ダニがいっぱい増えると思います。

去年買って、効果があった気がする物のご紹介です。
畳にそのまま寝ても、刺されることがなくなった気がします。
そろそろ頼まないと…。

枚数が多いので、畳の下やベッドの中など、心おきなくポンポン投げ込んで使って下さい。

洗濯物の部屋干し臭の軽減について(その2)

洗濯物の部屋干し臭や、洗濯槽の黴取りのために、(取扱説明書に載っているとは思いますが)洗濯槽の定期的な洗浄は忘れないで下さい。

安価な物、高価なもの、色々あるとは思いますが、個人的な普段使いとして半年に1回程度のお手入れを行っているのは、次の2製品となります。

  1. 塩素系なもの

    効果は強いです。
    説明書的・洗濯機の仕様的に問題がないなら、こちらを強くお勧め。
    どうしても塩素臭は残るので、使用後の最初の洗濯には気をつけて下さい。
  2. 酸素系なもの

    洗濯機の仕様的に塩素系の製品が使えない場合はこちら。
    但し、塩素系の製品と比べると効果は少し弱い気がします。
    100均の物とかを使うよりは、(中身は変わらないのかも知れませんが)簡単です。

あとは

各フィルターのこまめなお掃除も大切です。

洗濯物の部屋干し臭の軽減について

洗濯物の部屋干し臭ですが、対応する洗剤を使うとか、流水すすぎをしっかり行うことで、かなり防止する事が出来ます。

今回は、また違った方法です。個人の感想でしかありませんが、

  • 部屋干し臭の防止
  • 洗剤量の削減(1~2割くらい減らしても大丈夫な感じが)
  • 洗濯槽の黴防止
  • 水の節約

が期待出来る、洗濯機に投げ込むだけで良い物を2通りご紹介です。

  • マグネシウムで水質を改善するもの(水の硬度等により、効果は変わるとは思います)
     
  • ヨードにより水に殺菌効果を与えるもの