NextCloudを立ち上げてみる

 

NextCloudをCentOS7でお試し用に建ててみました。
タイムスタンプも保持されますし、結構いい感じです。


作り方

★SELINUXはOFFにしておいて下さい

# yumのアップデート後、必要なパッケージをインストールします
yum update -y
yum install -y epel-release yum-utils unzip curl wget bash-completion bzip2
yum install -y httpd
# Nextcloud用のApache設定を行います
# localhost の所は、適当なFQDNに変更下さい
cat <<'__EOF__' | tee -a /etc/httpd/conf.d/nextcloud.conf
<VirtualHost *:80>
  DocumentRoot /var/www/html/
  ServerName  localhost

<Directory "/var/www/html/">
  Require all granted
  AllowOverride All
  Options FollowSymLinks MultiViews
</Directory>
</VirtualHost>
__EOF__
# Apache起動
systemctl enable httpd
systemctl start httpd
# NextCloudに必要な環境をインストールします
yum install -y http://rpms.remirepo.net/enterprise/remi-release-7.rpm
yum install -y --enablerepo=remi,remi-php74 php php-fpm php-cli php-common php-curl php-gd php-mbstring php-mysqlnd php-process php-xml php-opcache php-pecl-apcu php-intl php-pecl-redis php-pecl-zip php-pear
# NextCloudの公式ページから最新版をダウンロードして来ます
# 公開先は https://download.nextcloud.com/server/releases/
# 2020.05.19 時点では、18.0.4 が最新でした
wget https://download.nextcloud.com/server/releases/nextcloud-18.0.4.tar.bz2
# 一応チェックサムの確認をします
# md5sumコマンドでOKが出れば大丈夫です
wget https://download.nextcloud.com/server/releases/nextcloud-18.0.4.tar.bz2.md5
md5sum -c nextcloud-18.0.4.tar.bz2.md5 < nextcloud-18.0.4.tar.bz2
# パッケージを解凍して、apacheのドキュメントルート以下に移動します
tar xvf nextcloud-18.0.4.tar.bz2
mv nextcloud/ /var/www/html/
# データディレクトリを作成し、権限を付与します
mkdir /var/www/html/nextcloud/data
chown -R apache:apache /var/www/html/nextcloud
# Apacheを再起動します
systemctl restart httpd

NextCloudへのアクセス

http://サーバのFQDN/nextcloud にてアクセスします。
管理者のIDとPWを入力し、『推奨アプリをインストール』のチェックを外し、『セットアップを完了します』をクリックします。

以上です。

Folding@Homeクライアントのアップデートとプロジェクトの選び方

 

COVID-19が選べるようになりました

7.6.9が出たようです。

宿題として、COVID-19を選べるようになりました。

Windows版の場合、

Webクライアントでの設定

または

FAHControlからの設定

となります。

それ以外のクライアントは、config.xmlに

<!-- Folding Slot Configuration -->
<cause v='COVID_19'/>

を追加して下さい。


新規インストール

新規インストールは公式ページを参照
https://foldingathome.org/support/faq/installation-guides/linux/manual-installation-advanced/
ダウンロードリンクのみ、次のページのそれぞれと読み替えて下さい
https://foldingathome.org/alternative-downloads/


7.5.1からのアップデート(Windows版)

公式のダウンロードリンクから、クライアントをダウンロードして下さい。

普通に上書きインストール可です。


7.5.1からのアップデート(Ubuntu版)

cd ~
systemctl stop FAHClient
# 数秒待つ
# FAHClient停止確認
ps ax
# 停まっていなかったらkill
wget https://download.foldingathome.org/releases/public/release/fahclient/debian-stable-64bit/v7.6/fahclient_7.6.9_amd64.deb
dpkg -i fahclient_7.6.9_amd64.deb
systemctl status FAHClient
systemctl stop FAHClient
# 数秒待つ
# FAHClient停止確認
ps ax
# 停まっていなかったらkill
# config.xmlに宿題の種類を設定
vi /etc/fahclient/config.xml
# config.xmlに以下を追加
<!-- Folding Slot Configuration -->
<cause v='COVID_19'/>
# 保存終了
# クライアント実行/状態確認
systemctl start FAHClient
systemctl status FAHClient
# プロセスが走っているのを確認
ps ax
# 進捗状況を確認(適当なところで^C)
tail -f /var/lib/fahclient/log.txt

7.5.1からのアップデート(CentOS 7版)

cd ~
/etc/rc.d/init.d/FAHClient stop
# 数秒待つ
# FAHClient停止確認
ps ax
# 停まっていなかったらkill
rpm -e fahclient-7.5.1-1.x86_64
wget https://download.foldingathome.org/releases/public/release/fahclient/centos-6.7-64bit/v7.6/fahclient-7.6.9-1.x86_64.rpm
rpm -i fahclient-7.6.9-1.x86_64.rpm
/etc/rc.d/init.d/FAHClient stop
# 数秒待つ
# FAHClient停止確認
ps ax
# 停まっていなかったらkill
# config.xmlに宿題の種類を設定
vi /etc/fahclient/config.xml
# config.xmlに以下を追加
<!-- Folding Slot Configuration -->
<cause v='COVID_19'/>
# 保存終了
# クライアント実行/状態確認
systemctl enable FAHClient
/etc/rc.d/init.d/FAHClient start
/etc/rc.d/init.d/FAHClient status
# プロセスが走っているのを確認
ps ax
# 進捗状況を確認(適当なところで^C)
tail -f /var/lib/fahclient/log.txt

Folding@homeインストール

 

コロナウィルス対策に少しでもお役に立てれば…。

以下、FAHClient 7.5.1 のインストール手順を記します。


CentOS 7

yum -y update
# 一旦再起動
shutdown -r now
yum install -y https://download.foldingathome.org/releases/public/release/fahclient/centos-6.7-64bit/v7.5/fahclient-7.5.1-1.x86_64.rpm
# 以下は必要に応じて
# 1~2分放置してから
vi /etc/fahclient/config.xml
/etc/init.d/FAHClient restart

Ubuntu 18.04 LTS

apt update && apt upgrade -y
apt install wget -y
wget https://download.foldingathome.org/releases/public/release/fahclient/debian-stable-64bit/v7.5/fahclient_7.5.1_amd64.deb
dpkg -i --force-depends fahclient_7.5.1_amd64.deb
apt-get autoremove -y
apt install ocl-icd-opencl-dev -y
# 以下は必要に応じて
# 1~2分放置してから
vi /etc/fahclient/config.xml
systemctl restart FAHCleint

WordPressサイトのセキュリティチェック

WPScanをGCP上に新規でビルドしたCentOS7で実行してみました。

環境作成

以下、root権限で作業します。

sudo su -
cd ~
yum -y update
yum -y install gcc openssl-devel readline-devel libxml2 libxml2-devel libxslt libxslt-devel libcurl-devel patch git bzip2
yum remove ruby
mkdir -p ~/tools
cd ~/tools
git clone https://github.com/wpscanteam/wpscan.git
cd ~
git clone https://github.com/sstephenson/rbenv.git ~/.rbenv
echo 'export PATH=$HOME/.rbenv/bin:$PATH' >> ~/.bash_profile
echo 'eval "$(rbenv init -)"' >> ~/.bash_profile
source ~/.bash_profile
git clone git://github.com/sstephenson/ruby-build.git ~/.rbenv/plugins/ruby-build
cd ~/.rbenv/plugins/ruby-build
./install.sh
cd ~
RUBYVER=`cat /root/tools/wpscan/.ruby-version`
rbenv install $RUBYVER
rbenv rehash
rbenv global $RUBYVER
rbenv local $RUBYVER
cd ~/tools/wpscan
gem install bundler && bundle install --without test
gem install wpscan
wpscan --update

実行

cd ~/tools/wpscan
wpscan --url ご自分のサイトのURL