在宅期間中にFAHClientで遊んでみようとする方に

 

一番お手軽なのは、手元のPCでWindows版/Mac版のクライアントを実行してみることです(電気代の請求がえらいことになるので、fullはお勧めしません)。

次に、AWS/GCP/Azureあたりのアカウントを作って、『無償枠内』で構築の練習をしてみましょう(アカウント作成のため、クレジットカードが必要です)。新型コロナ対策への貢献、プラス、クラウドサービスのお勉強が出来ます。
但し、無償枠内のCPUパワーでは、提出期限までに宿題を仕上げられません。
先生に採点して欲しいときは、有償枠を使うことになってしまいます…。

AWSでちょろっと頑張ってみる場合、オンデマンドやリザーブドだとおサイフが厳しいです。
スポットインスタンスの使い方もこの際覚えておきましょう。
価格表はこちらにありますので確認して下さい。→https://aws.amazon.com/jp/ec2/spot/pricing/

これを書いている時点でコスパがいいのは、Ohioのc5.largeやt3a.mediumあたりでした。

口座が破綻してしまっては元も子もないので、

  • Billingは毎日チェックして下さい
  • くれぐれもスポットで走らせるのを忘れないように
  • あまり深入りしないように

尚、クラウド上のCPUで頑張る場合、さくらの3Core以上のVPSをmediumで走らせるのが(fullだと周りに迷惑をかけるので怒られてしまいます)、費用対採掘効率が一番良いようでした。

Folding@Homeクライアントのアップデートとプロジェクトの選び方

 

COVID-19が選べるようになりました

7.6.9が出たようです。

宿題として、COVID-19を選べるようになりました。

Windows版の場合、

Webクライアントでの設定

または

FAHControlからの設定

となります。

それ以外のクライアントは、config.xmlに

<!-- Folding Slot Configuration -->
<cause v='COVID_19'/>

を追加して下さい。


新規インストール

新規インストールは公式ページを参照
https://foldingathome.org/support/faq/installation-guides/linux/manual-installation-advanced/
ダウンロードリンクのみ、次のページのそれぞれと読み替えて下さい
https://foldingathome.org/alternative-downloads/


7.5.1からのアップデート(Windows版)

公式のダウンロードリンクから、クライアントをダウンロードして下さい。

普通に上書きインストール可です。


7.5.1からのアップデート(Ubuntu版)

cd ~
systemctl stop FAHClient
# 数秒待つ
# FAHClient停止確認
ps ax
# 停まっていなかったらkill
wget https://download.foldingathome.org/releases/public/release/fahclient/debian-stable-64bit/v7.6/fahclient_7.6.9_amd64.deb
dpkg -i fahclient_7.6.9_amd64.deb
systemctl status FAHClient
systemctl stop FAHClient
# 数秒待つ
# FAHClient停止確認
ps ax
# 停まっていなかったらkill
# config.xmlに宿題の種類を設定
vi /etc/fahclient/config.xml
# config.xmlに以下を追加
<!-- Folding Slot Configuration -->
<cause v='COVID_19'/>
# 保存終了
# クライアント実行/状態確認
systemctl start FAHClient
systemctl status FAHClient
# プロセスが走っているのを確認
ps ax
# 進捗状況を確認(適当なところで^C)
tail -f /var/lib/fahclient/log.txt

7.5.1からのアップデート(CentOS 7版)

cd ~
/etc/rc.d/init.d/FAHClient stop
# 数秒待つ
# FAHClient停止確認
ps ax
# 停まっていなかったらkill
rpm -e fahclient-7.5.1-1.x86_64
wget https://download.foldingathome.org/releases/public/release/fahclient/centos-6.7-64bit/v7.6/fahclient-7.6.9-1.x86_64.rpm
rpm -i fahclient-7.6.9-1.x86_64.rpm
/etc/rc.d/init.d/FAHClient stop
# 数秒待つ
# FAHClient停止確認
ps ax
# 停まっていなかったらkill
# config.xmlに宿題の種類を設定
vi /etc/fahclient/config.xml
# config.xmlに以下を追加
<!-- Folding Slot Configuration -->
<cause v='COVID_19'/>
# 保存終了
# クライアント実行/状態確認
systemctl enable FAHClient
/etc/rc.d/init.d/FAHClient start
/etc/rc.d/init.d/FAHClient status
# プロセスが走っているのを確認
ps ax
# 進捗状況を確認(適当なところで^C)
tail -f /var/lib/fahclient/log.txt

Folding@homeインストール

 

コロナウィルス対策に少しでもお役に立てれば…。

以下、FAHClient 7.5.1 のインストール手順を記します。


CentOS 7

yum -y update
# 一旦再起動
shutdown -r now
yum install -y https://download.foldingathome.org/releases/public/release/fahclient/centos-6.7-64bit/v7.5/fahclient-7.5.1-1.x86_64.rpm
# 以下は必要に応じて
# 1~2分放置してから
vi /etc/fahclient/config.xml
/etc/init.d/FAHClient restart

Ubuntu 18.04 LTS

apt update && apt upgrade -y
apt install wget -y
wget https://download.foldingathome.org/releases/public/release/fahclient/debian-stable-64bit/v7.5/fahclient_7.5.1_amd64.deb
dpkg -i --force-depends fahclient_7.5.1_amd64.deb
apt-get autoremove -y
apt install ocl-icd-opencl-dev -y
# 以下は必要に応じて
# 1~2分放置してから
vi /etc/fahclient/config.xml
systemctl restart FAHCleint

Folding@homeをクラウドで走らせてみた

 

コロナ対応に少しでも…、と、FAHClient v7.5をクラウド上で走らせてみました。

さくらのVPS(v4)SSD 2G IK01(CentOS7/medium) 3分/%
Azure Standard-B1S(Ubuntu18.04LTS/full) 5.5分/%
GCP n1-Standard(Ubuntu18.04LTS/full)  6.5分/%
GCP t1-micro(Ubuntu18.04LTS/full) 15分/%

尚、Azureはリソース制限に引っかかって宿題完走出来ませんでした。

費用対効果だと、さくらVPSですかね…。

チケットやCPU時間が余っている方は、これで消費されても良いかもです。