Proxy設定の自動検出のON/OFFについて(その2)

 

先般ポストした『Proxy設定の自動検出のON/OFFについて』だけでは対応出来ないケースがありましたので、バッチファイルに追加するべき物を残しておきます。

  • 自動構成スクリプト(http://hoge.local/proxy.pac)を使う
    reg add "HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Internet Settings" /v "AutoConfigURL" /t REG_SZ /d "http://hoge.local/proxy.pac" /f
  • 自動構成スクリプトを使わない
    reg delete "HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Internet Settings" /v "AutoConfigURL" /f
  • プロキシサーバー(proxy.local:12345)を使う
    reg add "HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Internet Settings" /v "ProxyEnable" /t REG_DWORD /d "1" /f
    reg add "HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Internet Settings" /v "ProxyServer" /t REG_SZ /d "proxy.local:12345" /f
  • プロキシサーバーを使わない
    reg delete "HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Internet Settings" /v "ProxyEnable" /f
    reg delete "HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Internet Settings" /v "ProxyServer" /f

以上です。

Proxy設定の自動検出のON/OFFについて

会社のPACファイルの出来がいまいちで、検証前後にいちいち『設定を自動的に検出する』を切り替えなければなりません。
障害の電話等で急いでいる時は、特に、イラつきます。

次のバッチファイルを適当な場所に置いて、管理者権限でキックするようにショートカットを作り、スタートメニューに貼っておくと良いかもです。

自動検出ON.BAT

reg add "HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Internet Settings\Connections" /v "DefaultConnectionSettings" /t REG_BINARY /d "00" /f

自動検出OFF.BAT

reg add "HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Internet Settings\Connections" /v "DefaultConnectionSettings" /t REG_BINARY /d "4600000016" /f

スタートメニューの場所は次となります

C:\Users\ログインID\AppData\Roaming\Microsoft\Windows\Start Menu\Programs