Hyper-V上に20H1を作ってみる

WSL2を使ってみたかったので、1903なWindows10上に Windows10 1903 18970.1001(20H1)な環境を作ってみました。

何回やっても途中で固まったので、回避策ぽいものを書いておきます。

作業手順

  1. Windows Insider Preview Downloads から、20H1なisoイメージをダウンロードします
    ※Windows Insider Program へ参加しているアカウントでログインして入手下さい
     
  2. NATが必要な場合
    私は、『Windows10のHyper-VでNAT構成をしてみた(ゲストCentOS7)』の前半を参考にさせていただきました。
    ※途中でアカウント認証が発生するため、インターネットへの接続が必要です

  3. Hyper-V上にVMを定義します
    すぐにWindowsUpdateをするので、仮想ディスクは32GB程度は確保下さい。
    第二世代(UEFI)ではなく、第一世代(BIOS)で作ってみました。

  4. 管理者権限なPowerShellを開いて
    Set-VMProcessor -VMName <VM名> -ExposeVirtualizationExtensions $true

    としておくと幸せになれるかも知れません

  5. isoイメージをマウントさせてインストールを始めて下さい

  6. 途中で固まるかも知れません
    Android携帯との連携をスキップ→OneDriveをスキップ、から先に進まなくなりました(インストールステップを戻して再開させても駄目でした)。
    ここでは、VMをシャットダウンし、isoファイルをアンマウント、VM起動、で、セットアップの途中から再開し、セットアップを完了することができました。

 

4台作って4台とも同じ結果になりましたので、(母艦を含めたオレ環なのかも知れませんが)同じ状態になった方の参考になればと思います。

IntelNIC + Windows10 でのVLAN通信について

IntelNICとWindows10での組み合わせで、いつの間にかVLANが使えなくなっていることに気付きました。

ドライバのダウンロードページに移動すると、

  • 現在、チーム構成と VLAN 構成は、インテル® PROSet for Windows PowerShell ソフトウェアのコマンドレットを使用してのみサポートされています。これは Windows® 10 にのみ適用されます。
  • 今後のリリースでは、チーム構成やVLAN 構成などの インテル® アドバンスト・ネットワーク・サービス をインテル® PROSet アダプター構成ユーティリティー・インターフェースに追加する予定です。

となっています。

コマンドレットについては、公式ページ
インテル®Windows PowerShell ソフトウェア用の PROSet
に載っていますが、わかりやすい物を見付けたのでリンクを貼っておきます。
鉄PCブログ - Windows 10 1809 & Intel NIC VLAN

スクリーンセーバーからの復帰に失敗するとき

本Tipsは

  • Windows10
  • ディスプレイドライバとしてIntel(R) HD Graphicsを使用している
  • 復帰時にパスワード入力を要求するように設定している
  • サービスとしてIntel(R) HD Graphics Control Panel Service(igfxCUIService)が動いている

状態で、

  1. スクリーンセーバー画面になっている または 省電力でディスプレイが落ちている
  2. Ctrl-Alt-Del押下
  3. 画面がフラッシュするが、パスワード入力画面に遷移せず、一切の操作ができなくなる

場合の対処法となります。

Step1(グラフィックスドライバの更新)

  1. 対象機に該当する最新版のIntel HD Graphicsのドライバーをダウンロードします
  2. 圧縮ファイルの場合、ダウンロードファイルの『プロパティ』で『ブロックの解除』を行ってから展開します
  3. PCをネットワークから切断します(有線/無線両方)
    ※ドライバーがネットワーク経由で再インストールされるのを防ぐため
  4. コントロールパネルの『プログラムのアンインストール』を開き、『インテル(R)グラフィックス・ドライバー』という項目をクリック、アンインストールします
  5. 再起動を要求された場合は再起動します
  6. デバイスマネージャーを開き、『ディスプレイアダプター』を開き、『Microsoft基本ディスプレイアダプター』になっていることを確認します
    ここでインテルのドライバーが残っている場合は、
    1. 当該ドライバーをダブルクリックします
    2. 『プロパティ』→『ドライバータブ』→『削除』と進みます
    3. 『このデバイスのドライバーソフトウェアを削除する』にチェックを入れ、『OK』をクリックします
    4. 念のためPCを再起動します
    5. 更にインテルのドライバーが残っている場合、『Microsoft基本ディスプレイアダプター』になるまで削除→再起動を繰り返します
  7. ダウンロードしたドライバーをインストールします

Step2(怪しいサービスを停止)

  1. Intel(R) HD Graphics Control Panel Serviceのスタートアップの種類を記録し、サービスを停止、スタートアップを無効化します
  2. 念のためPCを再起動します

これで様子を見て改善しない場合は、Step2で停止したigfxCUIServiceのスタートアップを元に戻して下さい。

ドライバーのアップデート(WindowsUpdateや手動)、OS自体のWindowsUpdateによって事象が再発するようになった場合は、この手順をふたたび試してみて下さい。

Windows10とWSLでのDockerの相性について

Windows10(1803)+WSL(18.04LTS)+Docker Desktop(2.0.0.3)ではそこそこご機嫌に動いているのですが、一部Volumesの動きが怪しい部分があったりするため、Desktop無しでWSLのみでうまく動かないかと調べてみました。

結果、私が試してみた範囲では、1803/1903とdocker-ce(18.03.*または2019/05末現在のベータバージョン)とWSL(18.04LTS)の組み合わせでは(PCを再起動しても、Ubuntuを管理者権限で起動しても)駄目でした。
ネット上では、この組み合わせでも出来るという方と出来ないという方が混在してるのですよね…。

Ubuntuを16.04にするか、docker-ceのバージョンを落とせば動くらしいのですが、もうすぐシステムコール100%互換を達成したWSL2が出るらしいので、それまで待とうと思います…。