DL380 G5 の iLO ファームウェアのアップデートを行いました

DL380 G5 の iLO ファームウェアのアップデートを行いました。

当該機は iLO 2.7 の環境でしたが、今のクライアントPCでバーチャルコンソールを使うために、iLO のアップデート作業を行う必要がありました。
但し、俺環の IE や Chrome だと、ファームのアップロードが途中でコケてしまいます。
また、FireFox(60.0.2) だと、SSL_ERROR_BAD_MAC_ALERT が出てしまって、iLO自体にログインできませんでした。

手順としては次のとおり。
cp032234.exe を入手、解凍して ilo2_230.bin を用意しておきます。
FireFox のURL欄に about:config と入力することで設定画面に入り、security.tls.version.fallback-limit を 1 に変更します。
この状態で iLO にログイン、無事に上記 .bin ファイルを適用することができました。

PDFのタイトル化け

Windowsで印刷作成したPDFファイルのタイトルが化けている事があります。 ファイルのプロパティ例 Chromeで開いてみたところ 原因は、UTF8でエンコーディングされるべきPDFファイルのタイトル部分が、SJISで書かれてしまっているため。 解決方法の例 以上

ChromeのHSTSのプリロードデータベース

Chrome のHSTSプリロードリストのダウンロードは chromium.org 内、こちら の “Just show the raw content” からローカルに落として、テキストエディタで開いてみてください。

Captive Portal 実装の参考になるかも。

DNS上にSRVレコードが存在しないとき

DNS上にSRVレコードが存在せず、_ldap._tcp.example.com などが引けないとき。 某メーカーのNASをAD環境にJOINさせようとした時に謎エラーが出て気付きました。 まずはADサーバのipv4の設定を確認
  • この接続のアドレスをDNSに登録する、にチェックが入っていること 入っていたときは、このポストは役立たずです✌(‘ω’✌ )
  • 入っていないときは、チェックをしたあと、
    net stop netlogon
    net start netlogon
    ipconfig /registerdns
    で登録
ちなみにDNSサーバ側で動的更新ができないときは
  1. スタート→プログラム→管理ツール→DNSを起動
  2. 左側のツリー画面を展開、使用している前方参照ゾーンもしくは逆引き参照ゾーンを表示
  3. 対象となるゾーン名を右クリックし、プロパティ
  4. 全般タブにある『動的更新を使用可能にしますか』のリストボックスで、“セキュリティで保護された更新のみ”を選択してから、OK

さくらレンタルサーバへの広告追加ではまった時は

WordPressプラグインを使った広告追加ではまった時(Forbiddenエラーがでたり、コードの追加がうまく行かなかった時)は、WAFを停めるとうまく行くかも。

ただ、停めるリスクもありますので、そこは悩みどころですね…。

Windows10 1709用リモートサーバー管理ツール(RSAT)で『DNS』が消えている場合のリカバリ方法

色々検索して頑張って、最後にDLLの登録に失敗した方へ…。 64bit版での手順となります。 32bit版の場合は、コピー元のディレクトリ名(頭のamd64をx86に読み替え)と4~7のファイル名が違う(64を32に読み替え)だけで、あとは同じです。 8番以降の作業は管理者権限のコマンドプロンプトで行って下さい。
  1. KB 2693643 をアンインストールし、再起動する
  2. 適当な作業用ディレクトリを作成し、次のURLからRSATをダウンロードする https://www.microsoft.com/ja-JP/download/details.aspx?id=45520
  3. 次のURLを参考に、installx64.batunattend_x64.xmlを作成し、作業用ディレクトリに置く https://support.microsoft.com/ja-jp/help/4055558/rsat-missing-dns-server-tool-in-windows-10
  4. installx64.bat の最後のrmdirな行を削除またはコメントアウトする
  5. installx64.bat を実行
  6. dnsmgr.dlldns.lnk を、
    .\ex\ex\amd64_microsoft-windows-dns-server-snapin_31bf3856ad364e35_10.0.16299.2_none_946c2f555824ecef
    から取り出す
  7. dnsmgmt.mscdnsmgr.dll.mui
    .\ex\ex\amd64_microsoft-windows-d..er-snapin.resources_31bf3856ad364e35_10.0.16299.2_ja-jp_4a92b34b2bab1df4
    から取り出す
  8. dnsmgmt.mscdnsmgr.dllC:\Windows\System32 にコピーする
  9. dnsmgmt.mscdnsmgr.dll.muiC:\Windows\System32\ja-jp にコピーする
  10. dns.lnk
    C:\ProgramData\Microsoft\Windows\Start Menu\Programs\Administrative Tools
    にコピーする
  11. regsvr32 c:\windows\system32\dnsmgr.dll にてDLLを登録する
以上

Google AIY の自動起動について(aiyprojects-2018-04-13版)

GoogleHome(もどき)を普通に作って、おーけーぐーぐるができるようになりました。なお、ウェイクワードには、あめりかんちっくな発音が良い模様。 でも、自動起動させると動かない。声を拾ってくれない。マイクもスピーカーもちゃんとできてるのに。録音も再生もできるのに。 いい加減に調べたところでは、(俺環の場合ですが)piで上がってて、GUIが動いてないとダメぽい。 ということで、かっこいいやり方は諦めて、普通に走らせることにしました。 まずは、main.pyを準備。
cp -p ~/AIY-projects-python/src/examples/voice/assistant_library_with_button_demo.py ~/AIY-projects-python/src/main.py
次に、キック用スクリプト、~/GoogleHome.sh を作ります。
#!/bin/bash --rcfile
cd ~/
~/AIY-projects-python/src/main.py
スクリプトを走らせるために、autostartの最後でこの部分
@lxpanel --profile LXDE-pi
@pcmanfm --desktop --profile LXDE-pi
@xscreensaver -no-splash
@point-rpi
@lxterminal -e /home/pi/GoogleHome.sh
を追加します。これで、自動起動するようになりました。 ついでに起動音追加。 Kidou.wavを拾って来て、~/pi/AIY-projects-python/src/examples/voice/ に保存。 main.pyの81行目あたり(self._can_start_conversation = False の次)に
status_ui.set_trigger_sound_wave('/home/pi/AIY-projects-python/src/examples/voice/Kidou.wav')
を追加。 準備ができたよの合図が鳴るようになりました。